友達の優子が自分の彼氏を紹介してくれました。優しくて、顔もタイプで自慢の彼氏と言っています。私はこの男性を見たことがあるなと思いましたが、その時は思い出せませんでした。
ある日、幼馴染の沙耶と久しぶりに遊びました。沙耶はお酒が好きで二人でダイニングバーに行くのが好きでした。そして、無償支援掲示板を利用している沙耶はそこで知り合った男性の話をしてくれました。
「無償支援掲示板で出会った男性が2回目に会った時も体の要求はされなかったの。その代わり下着が欲しいと言われあげたら下着代と別にお小遣いを貰ったからラッキーだった。また明日も会うからお小遣い貰えるかな。」と、笑顔で言う沙那。その話を聞いて今回は体の要求をされるなと思いましたが、再び体の要求はされなく前回と同じ身につけている下着が欲しいと言って下着をあげて5万円お金をもらったと相手の男性の顔つき写メで連絡がありました。その時に思い出しました。沙耶の男性が優子の彼氏と同一人物という事に。
ぽっちゃりのパパ活
翌日この話を優子に話すと信じてもらえませんでした。しかし、沙耶がまたその男性に会うということなので、優子を誘っていいかと尋ねると構わないと言ってくれました。そこで優子に彼氏が私の友達に今日会うことを伝え待ち合わせ場所に行ってみると尋ねると行くと言いました。そして、私達は隠れて様子を伺いました。彼氏に来ないでと願っている優子でしたが、数分後優子の彼氏が沙耶の前に現れ優子は彼氏の前に行く事が出来ずその場で泣き崩れました。沙耶は優子が現れない事を知ると男性とその場を後にしました。その後優子は彼氏と別れ変人男性を好きになって悔しいと言っています。
すぐにお金を稼ぐ方法
お金支援サイト
友達に教える
新規HP HP編集
無料ホームページ
mKeitai

出会い系
AX